キャッシングを行って三ヶ月滞納すると裁判手続

キャッシングを行って三ヶ月滞納すると、裁判手続きを取らざるを得なくなってきます。
といったものが書かれた書面が手元に送られてきます。
返済をしなくても、電話をかけてくるだけなので、つい知らないフリをして返済を先送りしてしまいます。
しかし、裁判という言葉が書面に踊っていると、恐ろしくて無視はできません。
モビットでのキャッシングはネットから24時間いつでも申し込みができ、約10秒で審査の結果が表示されます。
三井住友銀行傘下の企業という安心感も人気の理由の一つでしょう。
10万台もの提携ATMが全国にあるため、コンビニからでも簡単にキャッシング可能なのです。
「WEB完結」で申し込みを実施すると、郵送手続きをしなくてもキャッシングできます。
キャッシングで借金をして、返済が滞るとどうなってしまうのでしょう。
それは、もともと高い金利がある上に、遅延損害金がかかったり、最悪のケースでは、ブラックリストに名前が載ってしまいます。
そういう場合には前もって金融会社に相談することです。
以前キャッシングで借り入れを行っていた場合、過払い金請求ができるケースがあります。
請求を行いたい場合には司法書士や弁護士に頼んで、内容証明をもらい、手続きすると、返却してもらえる事例があります。
まずは無料相談によりカウンセリングを受けてみましょう。
気軽にキャッシングをするのはやめておいた方がいいですね。
今までどおり仕事をしていれば、大丈夫なんて甘すぎます。
時にはその仕事さえも奪いかねないのがお金が返せなかった時の取り立てなんです。
仕事場にかかってくる取り立ての電話により勤務先にいられなくなり退職せざるを得なかった人をいっぱい知っています。